信州牛乳パンまとめ: ナカジマの牛乳パン(やっぱり)

2013年2月8日

ナカジマの牛乳パン(やっぱり)

信州の都、県庁所在地。ここにも昔ながらの牛乳パンがいくつか息づいております。今回はその中のひとつ。
南信木曽ダービー以来牛乳パン熱は冷めやらず、といったところですが。以前長野市内をうろちょろしてる時にめっけたのがこちら。



原料とターゲット層とブランドを的確に訴求しているデザイン
子供の全身像が描かれたタイプは他に見たことがないです。
 
他のところでおそらくバージョン違いであろう下のパッケージも発見、キャッチのひと言にちょっとした疑問を感じてしまう。




やっぱり、という表現で長野市民になんらかの共有を促してます。
長野市民にとってナカジマパンは「やっぱり」な存在なのかとても気になるところ。
 
同時に買った亜種はさらにひと推しありました。




やっぱりの上にハーモニーを強調。
カステラはCASTILLAって綴るんだ、ってことを知ったのはいいが、パンはPANでいいのかと自問自答する日々が数日続きました。
 
その後ちょいちょいと長野市生まれ育ちの人にナカジマパンは「やっぱり」な存在なのか、というヒヤリングをおこなったところ「まあ、いわれてみれば」みたいな位置づけでした。
 
そんなことを思い出しつつ、こないだ発見したので再度購入。




納得のいくデザイン

包装の袋のサイズは一般的ですが、中身は天地方向に短めで正方形に近い感じ。ただしパンに厚みがあります。



早朝、学校に向かう喰い盛り世代の朝食に配給

クリームはちょっと厚めでゴージャス感がありました。
 
 
ごちそうさまでした。