2013年4月29日

コープながのの牛乳パン(ジモ食っぷり発揮)

信州にいて十分堪能したつもりでいる牛乳パンなんですが、足下を見逃してました。コープながの、独自ブランドで出してました。
コープだとか生協っていう組織についてはよくわかんないんですけども、まあ土地土地にあって独自の商品を出してる、ってくらいの認識は持っていたので、車を走らせながら目に入ったコープの店にピンと来て飛び込んでみたら、きっちり売られていたのがこちら。


地元コープもしっかりオリジナル牛乳パン

ここまでやられちゃうと、そりゃあ信州の人は牛乳パンは全国でフツーに売られているもんだと思っちゃいますよね、くらいのジモ食っぷりを見せつけられちゃってすっかり降参です。
まあ、降参しっぱなしってわけにはいかないので、いつものように朝食として頂きました。

結構クリーム重かったっすよ。

パッケージにあるとおり「甘さひかえめ」で量的にも普通ながら乳っぽい重めのクリームがちぎりやすいように段の入ったしっかりめの生地に挟まれてます。朝食べるとお昼になってもあまり空腹感が感じられない程度に食べ応えがありました。
 
製造はどこかのパン屋さんに外注してんだろうと推定、こういうちぎりパン系の牛乳パンってコンビニのどこかも出してたような気がするし、同じとこがつくってんのかなあ、なんてえ妄想を誘います。
ちなみに、農協系のAコープにも独自の牛乳パンがあるんじゃないかと、かなり期待して探してみたんですけども今んとこ発見できてません。

こういうの作ってんだからありそうな気がしませんか?
しないか。


よくみたらキューボシ製なのは置いといて、
「クミアイの牛乳パン」なんてのがあったら黙ってらんないですよ。

まあ、ともかくコープどころかコンビニにだって牛乳パンが並んでるのが信州の光景なので、まだまだこのネタは尽きないようです。
 
ごちそうさまでした。