2014年5月12日

Pascoの牛乳パン2014 (しばらく見ぬ間に)

モノは器で喰わす、っていわれることがありますが、牛乳パンでいうならパッケージで喰わす、っていうのもありなんじゃないかと。
なんだか久しぶりのネタですが、信州を離れて一年、牛乳パンのメジャーといっていいPascoの姿がかなり進化していました。
まずはふりかえり、いままでのPascoの牛乳パンはこちらから。
PASCOの牛乳パン(きりがなくて参った) | nanseiblog.com
Pascoの牛乳パンロング(前代未聞すぎる) | nanseiblog.com
 
で、今年の連休も恒例に従って秩父でキャンプ。買い出しに行ったおなじみのスーパーでひさしぶりにPASCOの牛乳パンをめっけてびっくり。

なんか、パッケージのデザインがかなり信州ネイティヴっぽくなってるだ!

すごい、パッケージがすごくソレっぽくなってる。牛乳パンのフォントと牛の顔、王道を取り入れてる。
でもうっすらとミルククラウンを入れてるところがメジャーらしさの主張っぽくて、ネイティヴのデザインと距離を出してる感じ。ほほほほー、と思わず声を出して思わず買っちゃいました。ふたっつ。
 
ちなみにこのスーパー、秩父にありながら牛乳パンを売っています。なんでだ?
十石峠を越えてくるのか?、それとも雁坂峠か?なんて興味が尽きません。
山梨ではPASCOの牛乳パンはふつうに見られるし、林道のような十石峠を越えて流通してくるのも不自然だし、やっぱ雁坂越えてきてるのかな。それはそれですごいけど。
 
ま、流通はともかく、ふたっつも買っちゃったもんだから、ひとつは小学校の頃からかれこれ6年間父親の買ってきた牛乳パンを朝食で食べる係を専任で勤めている喰い盛りが、もうひとつは今までにないロケーションでわたくしが頂きました。

渓流の音を聞きながら、胸を大きく張って、腰に手を当てて喰…えればよかったけどね。
いやまあ、中身は従来通りのPASCOのヤツです。ちぎりパンの様に食べやすい間隔で段になってるところとかも。
 
そんな形状なので、信州の牛乳パン未体験の人たちに配給。
バタークリームなのでちょっと違うけど、秩父の奥で山の向こうの信州のお味を堪能。


まあその、ちょっとした思いつきで、
信州らしさを演出してみたりして。
どうもすいません。

牛乳パン、信州を離れてもう一年経つし、だいぶ久しぶりかと思っていたら、ちょっとまえにグンマ行った帰りに軽井沢に寄り道して「毎日喜ばれる」ヤツを買ったばかりだったのを忘れてました。
 
なかなか離れらせません。たぶん一生こうだろうかと。
これからもそっち方向にいったらたぶん買いに走っちゃうと思うし。
 
来年も買えるかな?
 
ごちそうさまでした。
 
[追記]2014/11/24
PASCOの展開がすごいことになってました。詳しくはこちらから。
[篠ノ井]ルブランの牛乳パン(メジャーの影に咲く)

0 件のコメント:

コメントを投稿